07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

アークスシップ対抗戦 終了&考察 

0714-01.jpg
アークスシップ対抗戦が終了しました。各アークスの方々お疲れ様でした。
アークマさん見れば各実績は参照できますが、全体的な経過や結果は見れないので参考にどうぞ。
今日は結果の私なりの分析と考察なので興味無い方はスルーでお願いします。(^^;
また異論をお持ちの方もおられるでしょうが、スルーでお願いします。


15ラウンド終了時の各ポイントも計算してみました。
この時点では青ラッピーが勝ち点ではトップ、貢献ポイントでは白ラッピーがトップです。
もっとも貢献ポイントは勝ち点が同じ場合しか価値がありません。


私の所属する赤ラッピーは勝ち点で-3ポイントで最下位、貢献ポイントでは下から2番目です。
もっとも勝ち点に-11ポイントも差のある緑ラッピーが一番下なのでこれは関係ないです。
この時点で緑ラッピーと青ラッピーに追いつくことは不可能に・・・
追いつく可能性があるのは黄ラッピーと白ラッピーです。


ただ貢献ポイントですら負けているので、勝ち点で勝たないと駄目だと思っていました。
幸い15ラウンドが最下位だったのでラウンドブーストがかかるので上位を狙うことが可能です。
1位を取って黄ラッピーか白ラッピーが最下位ならば4ポイント差をつけることが出来るので逆転が可能です。
が、今回の下から2番目は緑ラッピー・・・ブースト差があっても勝つのは無理。
戦いは数だよ兄貴・・・名言です。


このことから16ラウンドは取れても2位なので、黄ラッピーか白ラッピーが最下位でも勝ち点では同点です。
貢献ポイントでは赤ラッピーはこの2チームに負けているので、これは最下位決定か?と思ったものです。
最後の貢献ポイントの大盤振る舞いが来なければ・・・


最後のラウンドだけ今まで最高貢献ポイントの100の約3倍の290ポイント。
上記の理由で勝ち点では勝てないと思っていましたので、貢献ポイントのこの差は非常に大きいですよね。
このおかげで最下位を脱出できた私が言うのもなんですが、
貢献ポイントは今までのラウンドとここまで差を広げなくても良かったのではないでしょうか?
15ラウンド時点でこの内容を公開すると順位調整が入るでしょうから公開しなかったのは分かりますが、
緑と赤にあまりに有利な条件に思えます。
今までコツコツ勝ち点を稼いで来た青ラッピーは特にこの仕様は辛かったのではないでしょうか・・・
(ある意味仕様変更ですよねぇ、これ)
そしてそれがそれぞれの点数にも直結したのかと・・・(でも黄色は凄いです、ブースト無しでここまでとは)


アークマさんが「今回は」と言っていたので、次回もあるのでしょう。
次回もまた面白い企画をお願いしたいです。
(できれば人数差で勝負が出るものではなく、プレーヤーの腕でかわるような・・・)

関連記事
スポンサーサイト

« 平凡な日常の復活。  |  アークスシップ対抗戦 最終日 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://obetaro.blog.fc2.com/tb.php/34-2713657d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

来訪者数

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ